あたいは極力水を呑みません。
腹がガボガボになるし、体内に会得されているのかよくわからないし味覚も乏しい。
とにかく湿気服用をするのならお茶やスポーツドリンクを飲みたいと思っていました。
こどもも赤ん坊の時には湯冷ましを飲ませたりしていたのですが、わざと水を飲み込むように求めたことは一度もありません。
だが小学校になってから、やたらと子供たちは水を飲みます。
冷蔵庫には冷えた麦茶や飲料などがあるのですが、「水で良いの!」と言いながら水道水の水を飲んでいる。
家屋は築38ご時世には至る老化が進み始めてある一軒家だ。
時折水道工事などが入ったり、はじめ週ほどアパートを辞すると水道水からは赤茶けた水が出てきます。
水道管が錆びているのは正確。
さすがにそういった水道管から起こる水道水を生のままこどもに飲ませるのは忍びない。として浄水器を擦り込み始めました。

ただ塗るだけではな・・と思ったので、これも勉強になるとしてこどもがリトマス試験紙を持っていたので、浄水器をつける前と押し付けた後の塩素の体積を測ってみました。
そうすると、全く違うのでびっくりしました。

水道水では塩素の体積が半端なくて、浄水器を付けた水は随分副作用を表わしませんでした。

こいつにはこどもも感動ようで、それからは浄水器を付けた水を呑むときに「うまい水呑むね!」と言いながら飲んでいる。

毎日大量に飲み込むわけではないし、日本の水道水は大丈夫だと思うのですが、美味しい水を呑むに越したことはありませんから。http://xn--n8ju81pa557a10v.xyz/